あがり症診断 中学生でも自宅で簡単にできるセルフチェック【あがり症改善プログラム 児島 口コミ】

KW:あがり症 診断 中学生


私は中学生の時、変声期を迎えました。
それまでは、元気な小学生でお山の大将でした。

しかし、変声期を迎え声が出なくなった期間が長く
人前で話すという事が恥ずかしく、赤面状態でした。

俗にいう、対人恐怖症だったんだと思います。

その頃に自宅で簡単にできる
あがり症のセルフチェック診断があれば良かったのに。

現代は、インターネット社会なので
中学生にもなれば自分で診断位はできるでしょう。


1.あがり症診断セルフチェック


1つでも当てはまる人は、あがり症である可能性が高いです。

8.JPG

2.あがりの症状


あがったときの状態は人それぞれ違います。

① 声
  震える、上ずる、息苦しい

② 手足
  震える、硬直する

③ 視線
  目が泳ぐ、伏し目がち、聞き手を見ることができない

④ 消化機能
  胃痛、吐き気、頻尿

⑤ 話し方
  どもりがある、滑舌が悪い、早口になる

⑥ その他
  汗が出る、赤面がある


3.あがりの症状を抑える3つの方法



どうすればあがらないで話せるようになるのの?
簡単にすぐできるあがりを抑える方法を3つ教えます。


① 呼吸を深くして緊張を解く


深呼吸をすることが一番手っ取り早い方法です。
深呼吸をすると副交感神経を活発にして、心拍数を抑えます。
緊張しそうだな、と思ったら腹式呼吸で深呼吸をしましょう。

② ストレッチをしてリラックス


上半身を和らげることで緊張がほぐれます。
肩を上下に動かしたり、首を回してみたりして
上半身の緊張を和らげれば、リラックスすます。

③ 他人の目は気にしないで自分をさらけ出す


あがり症の人は、他人にどんな風にみられているかを気にします。
そんなに、あなたの事に気を配ってはいませんので、
ありのままの自分をさらけ出すというイメージで話しましょう。

対人恐怖症やあがり症があっても向いている仕事を探す方法







まとめ


あがり症診断 中学生でも自宅で簡単にできるセルフチェック

1.あがり症診断セルフチェック
2.あがりの症状
3.あがりの症状を抑える3つの方法

あがり症 診断 中学生のキーワード


・あがり症 中学生
・失笑恐怖症 診断テスト
・あがり症 症状
・あがり症 特徴
・赤面症 診断テスト
・恋愛恐怖症 診断チェック
・あがり症 克服
・あがり症 絶対治る



002.JPG