あがり症は病名です 社会・社交不安障害は立派な病気です【あがり症改善プログラム 児島 口コミ】

KW:あがり症 病名

社会不安障害

いわゆる
 ・対人恐怖症
 ・赤面恐怖症
 ・吃音恐怖症など

それは性格ではなく、病気です。

日本では社会不安障害の人口が約300万人
特に、ニートや引きこもりの中に多く、
外出できない若者がいると考えられています。

人前で緊張することは誰でもあるものですが
たいていの場合は経験を積むことで自然と
緊張しなくなる場合が多いようです。

しかし、社会不安障害の方の場合は、
自分ではコントロールができない位の緊張で
エスカレートして日常生活にも支障をきたします。

社会不安障害は、とにもかくにも病気なので
放っておくとうつ病などの引き金にもなりかねないので
心療内科などの専門医を一度受診することをおススメします。


社会不安障害のさまざまな症状例



赤面恐怖症


人前に出ると緊張感が高まり、顔が赤くなる。

発汗恐怖症


緊張により発汗し、ハンカチなどを持たないと落ち着かない。

対人恐怖症


周囲の視線が気になり、恐怖や震え、めまいなどを感じる。自分に対する他人の評価に強い不安を感じる。

書痙(しょけい)


人前で文字を書こうとすると、緊張と不安により手が震える。

場面恐怖症


緊張して声が震えるなど、人前でうまく発言できない。

社会不安障害の薬物療法


3.JPG

ここら辺は医療関係者ではない私が検索して調べたものです
(参照:https://is.gd/EHEGxR

あがり症の落ち着く方法とその緊張の原因と対処方法







まとめ


あがり症は病名です 社会・社交不安障害は立派な病気です

社会不安障害のさまざまな症状例
 ・赤面恐怖症
 ・発汗恐怖症
 ・対人恐怖症
 ・書痙
 ・場面恐怖症

h4>あがり症 病名のキーワード
・あがり症 チェック
・あがり症 絶対治る
・あがり症 症状
・あがり症 対策
・あがり症 特徴
・社交不安障害
・対人恐怖症
・あがり症 芸能人



004.JPG