あがり症で緊張しないためにはゆっくり話す!その他のテクニック【あがり症改善プログラム 児島 口コミ】

KW:あがり症 ゆっくり 話す


「あがり症」でも緊張せずに話すテクニック


あがり症の人は、人前に立つことが苦手なのに加えて
人前で話すという事に緊張することがおおくあります。

その症状は、離れをすれば慣れるというものではなく
ある程度は病気だと自分でも認識をする必要があります。

とは言え、病院へ行って診断してもらうというところまででもなく
自分で出来るテクニックをいくつか紹介しましょう。

① ゆっくり話す


あがり症の人は、人からどんな風に見られているのかを
気にしすぎるという傾向があります。

人前で話をする時に、あがり症の人は早口になりやすいので
ゆっくり話すということを意識しながら話しましょう。

気持ちにもゆとりができて、時間もできるので
次の言葉を考える時間ができたり、緊張が弱まると言われています。

② 紙に原稿を書く


事前に話す内容を紙に書いてそれを見ながら話をする。
これは私も実行してきたことで、原稿を書いておかないで
頭の中で話をする、続けるなんてとんでもないことです。

話文章をそのまま書くのではなく、見やすいように
箇条書きにしたり、大まかな話しだしの言葉を書いておく。

それだけをするだけでも、話に詰まることはなくなり
頭が真っ白になるという心配や不安もなくなるはずです。

あがり症の人が緊張しない秘訣


結論から言うと、「等身大の自分でいること」です。

緊張した場面を思い出してみてください。
自分が持っている実力以上の事をやろうとしませんでしたか?

緊張するという症状は、自分以上の事をやろうとするからです。
等身大の自分を人前でもさらけ出せる勇気を持ちましょう。

あがり症は病名です 社会・社交不安障害は立派な病気です







まとめ


あがり症で緊張しないためにはゆっくり話す!その他のテクニック

「あがり症」でも緊張せずに話すテクニック
 ① ゆっくり話す
 ② 紙に原稿を書く
あがり症の人が緊張しない秘訣

あがり症 ゆっくり 話すのキーワード


・人前で緊張しない方法 声が震える
・人前で話すのが苦手 原因
・人前で緊張しないコツ
・あがり症 スピーチ
・極度の緊張を和らげる方法
・急に緊張しなくなった
・あがり症克服 アプリ
・緊張をなくす方法



005.JPG