あがり症 無理のない運動(ランニング・ウオーキング)であがり症克服【あがり症改善プログラム 児島 口コミ】

KW:あがり症 ランニング



短距離の選手がスタート前によく軽くジャンプするのを見たことはありませんか?

スポーツ選手は緊張をほぐすためにそんな軽い運動をして身体の緊張をほぐしています。

あがり症の人は本番に臨む前に軽くランニングスタイルで
身体を動かすことをやってみてはいかがでしょうか?

身体の重心が落ちそうになると緊張が和らぐそうです。

あがり症軽減にランニング


ある程度一定のリズムで身体を動かす軽いランニングなどで
セロトニンが活性されると言われています。

例えば、ウォーキング、ランニング、水泳、自転車など。
無理のない運動を行うことで「あがり症」を抑えるという
ルーチーンを作ることで不安を取り除いてあがり症も軽減していくでしょう。

セロトニンは、緊張している時、不安な時、緊張している時、
これらの症状を抑えてくれます。

駅伝選手の緊張(あがり症)軽減法


駅伝は一人で走るものではなく、チームのタスキをつないで
最後まで走りきることがチーム全体の目標になっています。

自分が体調不良などでチームに迷惑をかけてしまったらどうしよう、
自分のせいでタスキがつながらなかったら・・・。

などなど、自分だけでは解決できない、仕様のないもので
過度な緊張や不安をきたしてしまうことが多いようです。

そのため、前述しましたが、軽くジャンプをして重心を落として
気持ちもほぐして、駅伝レースに取り組むということです。

私たちは走ることの専門家ではありませんが、
ランニングをすることで、緊張がほぐれるならそれをして
ルーチーン化してしまえばこっちのものです。

ガキ使であがり症社員役で脚光・島太星(しまたいせい)とは?







まとめ


あがり症 無理のない運動(ランニング・ウオーキング)であがり症克服

あがり症軽減にランニング
駅伝選手の緊張(あがり症)軽減法

あがり症 ランニングのキーワード


・あがり症 筋トレ
・緊張 開き直る
・筋トレ 緊張しなくなる



008.JPG