あがり症や緊張を和らげる漢方のお薬について専門家から聞いた話【あがり症改善プログラム 児島 口コミ】

KW:あがり症 緊張 漢方

あがり症や緊張の緩和によい漢方の情報を集めてみました。

人前で緊張してうまく話せない!あがり症に効果的な漢方薬?



緊張したときにあらわれる症状として
・顔が赤くなる
・手足が震える
・言葉が詰まってしまう
・心臓がドキドキする

あがり症や緊張をほぐす薬もありますが
人それぞれ症状が異なるので
本来なら専門医へ受診をして処方してもらう方がよい。

漢方薬や一般のお薬に関しても自分で判断せず
専門医に処方してもらいましょう。

抑肝散(よくかんさん)


この抑肝散(よくかんさん)という漢方薬は
落ち着かせるためによく処方される漢方薬です。

私が体験したところでは、認知症で興奮した症状の方が
興奮を抑えるために、抑肝散(よくかんさん)を服用していました。

興奮して神経が高ぶったり、神経が過敏になりやすい人に用いることが多く
あがり症以外にも、眠れない、イライラするという症状に使うことがあります。

抑肝散(よくかんさん)の体験談


以前は会議前から会議が終わるまで震えっぱなしでしたが、
最近は緊張することがすくなくなりました。
同僚からも、『最近よく発言するようになったね』って
言われてうれしかったです。

赤面することが減ったからかな。前は顔が赤くなると、
それが嫌で必死に隠そうとパニックになっていたし。

うん、赤面症は、もう一生治らないのかもって
思っていたからうれしいな。

あがり症で緊張しないためにはゆっくり話す!その他のテクニック







まとめ


あがり症や緊張を和らげる漢方のお薬について専門家から聞いた話

人前で緊張してうまく話せない!あがり症に効果的な漢方薬?

・抑肝散(よくかんさん)
・抑肝散(よくかんさん)の体験談

あがり症 緊張 漢方のキーワード


・あがり症 漢方 市販
・過緊張に効く漢方
・予期不安に効く漢方薬
・柴胡加竜骨牡蛎湯
・緊張 手の震え 漢方
・セロトニンを増やす漢方薬
・不安神経症に効く漢方
・あがり症 漢方 抑肝散


009.JPG