あがり症の症状が出やすのはカフェインやアルコールの摂りすぎもが原因【あがり症改善プログラム 児島 口コミ】

KW:あがり症 カフェイン

あがり症とカフェインの関係


あがり症と聞いて精神的な要因と考える人が多いようですが、
実は、身体的な要因であがり症になる人が多いことが分かってきました。

アルコールやカフェインなどの摂りすぎの人も、
あがり症の症状がでやすくなります。

① 身体的原因によるあがり症


ここでは簡単に触れることにしますが、震えが主症状の病気、
本態性震戦による身体の震えによるあがり症です。

手や声、膝、頭などが何の原因もなく震えてしまうのですが、
緊張や怒りなどで、震えが増大してしまいます。

手の震えは人前で字を書こうとした時に震えてしまったり
水が入ったコップを持つときに手が震えたりします。

不安や緊張、恐怖などにより震え(振戦)が誘発されます。

② 精神的原因によるあがり症


精神的原因によるものとしては、社交不安障害が主なもので
人から見られているのでは、心配すると怖いのような場面で
極度の緊張をきたしてしまいます。

身体が震えたり、声が震えたり、あるいは汗を書いたり、赤面など
あがり症の症状そのままが表出してしまいます。

③ 化学物質によるあがり症


化学物質と言っても、普段から口にするアルコールやカフェインの
過剰摂取もあがり症の症状を引き起こすことがあります。

アルコール依存症の人の場合、アルコールが切れると震えますが、
依存症でない人の場合は、アルコールが切れても震えたりしません。

一度手足が震えたりすると、そのことがトラウマとなって
不安や緊張から、震えや心臓の動悸が激しくなったりします。

一方、カフェイン飲料の過剰摂取は、動悸、緊張感の高まりから
手が震えやすくなってしまいます。

前日飲んだカフェイン飲料は何の問題もないのですが、
当日飲んだ場合に、緊張で動悸や震えが出やすくなります。

あがり症で緊張して途中から息ができなくなる、声が震える克服








まとめ


あがり症の症状が出やすのはカフェインやアルコールの摂りすぎもが原因

あがり症とカフェインの関係
① 身体的原因によるあがり症
② 精神的原因によるあがり症
③ 化学物質によるあがり症

あがり症 カフェインのキーワード


・あがり症 看護師
・あがり症 薬 βブロッカー
・あがり症 病院
・あがり症 薬 ランキング
・あがり症 何 科
・あがり症 原因 親
・あがり症 克服
・本態性振戦 治った


012.JPG