あがり症で手足や声の震える人の前に立つときの治し方と克服法【あがり症改善プログラム 児島 口コミ】

KW:あがり症 声の震え


あがり症の方々で一番多い悩みが「声の震え」です。
私も中学生の頃は上がり症で授業中に本を読むときに
声が震えて、緊張して赤面していたことを思い出します。

その時に、今のようにインターネットで情報収集ができていれば
悩まないで、あがり症で人前に出なくてもよかったと思います。

声の震えを克服する方法


体づくり編


<震えない声の出し方>

① 体が適度に弛緩している。
身体が緊張していると手や足が震えてしまうことがあります。
不安や恐怖が高まり自律神経が乱れて現れる症状で
その乱れを正常に戻すには、筋肉を弛緩させると効果的です。

首や肩のストレッチを行います。

② 姿勢が良い
猫背になっていると息が細くなって声が震えてしまいます。
自信があって胸を張っていられればそんな事はないはずです。

背筋を伸ばして、遠くを見るようにして胸を広げましょう。

③ 呼吸が深い
呼吸が浅い(弱い)と声が震えてきます。
普段の生活では胸式呼吸で生活をしているので
緊張の震えに声も震えるようになります。

胸や肩をリラックスして深く腹式呼吸をします。
腹式呼吸が声の震えを克服する一番のポイントです。

⑤ 滑舌が良い
言葉に詰まったり、噛んでしまったことはありませんか。
人前で話をする時に緊張から声が震えてしまいます。
また噛んでしまうんではないのか?と不安が増大します。

活舌をよくする
早口言葉を早くではなく、正確に読む練習をしましょう。

メンタル編


人前で話をしたときに声が震えて恥ずかしい思いをした。
というような不安を解消することで声の震えを克服できます。

首や肩のストレッチなどの身体面とは別に
心、メンタル的な克服方法も覚えておくとより強くなります。

自分自身で大きな壁を作ってしまっているので
その壁を壊すことがとても大事なことのようです。

声が大きければ大きいほど、緊張は下がります。
声が小さければ小さいほど、緊張を感じやすくなります。

この事を覚えておきましょう。

トレーニング編



腹式呼吸の発声練習を毎日継続すること。
しっかりとお腹と呼吸の動きを確認しながら発生します。

1回5分程度の時間を毎日繰り返してみましょう。
発声練習には同じ文章を使います。

はじめは早口言葉で良いと思います。
知っているので間違えないで正確に読むことができるから。

とにかく腹式呼吸で大きな声で発声練習することで
あがり症の声の震えは克服することができます。

あがり症対策 ピアノ演奏者が本番が怖い!メンタルトレーニング




まとめ


あがり症で手足や声の震える人の前に立つときの治し方と克服法

声の震えを克服する方法
・体づくり編
・メンタル編
・トレーニング編

あがり症 声の震えのキーワード


・あがり症 声が震える 薬
・本読み 声が震える
・声が震える人 どう思う
・あがり症 チェック
・あがり症克服 した 人
・緊張 声の震え 止め方
・緊張して声が震える 知恵袋
・長く話すと声が震える


016.JPG