あがり症の症状は看護師さん、お医者さんなど医療従事者の悩み【あがり症改善プログラム 児島 口コミ】

KW:あがり症 看護師


あがり症の看護婦さんと言えば、注射を打つときに
手が震えているのを見たことがあります。

そこであがり症の看護師さんの専門クリニックがありました。

注射や点滴で手が震える(30代、看護師)


注射や点滴で針を刺すときに手が震える
申し送りや会議での発表が不安で声が震える

看護師さんが仕事で震える原因のようです。

こんな状態では仕事をやめなければならないのか、
と途方に暮れてクリニックを訪れる看護師さん。

命に係わる医療従事者であるお医者さんも
専門のクリニックを受診していると書かれてありました。

あがり症の看護師さんへ


ここからはあがり症で困っている看護師さんに
あがり症の克服方法をいくつかご紹介します。

そもそも「あがり症」とは


以下に代表的なあがり症の症状を紹介しますので
当てはまる項目がいくつあるかチェックしてみましょう。
 ◎ 手足、声が震えてしまう
 ◎ 頭の中が真っ白になり何も話せなくなってしまう
 ◎ 過度に緊張してしまう
 ◎ 言葉がぎこちなくなり、どもってしまう
 ◎ 人と目を合わせられなくなる
 ◎ 人前で発言しようとすると赤面する、汗をかく
 ◎ 他人の視線が気になる
 ◎ 声が出なくなる

「あがり症」の克服方法-1


一般的に言われている克服方法は、
 ① 思い込みを捨てる
   あがり症のため人前でうまく話せなかったときなど、
   自分のことを笑ったりおかしいと思っているのではと。

   あなたが考えているほど相手の方は気にしていませんので
   自分への評価が悪いという思い込みを捨てることです。

   このことを脳に何回も言い聞かせてあげることです。
 ② リラックスする
   人前に出ると体がカチカチになってしまうのがあがり症です。
   肩の力を抜いて深呼吸でリラックスすることが大切です。

   人前で話す前から失敗するんじゃないかと不安に思うのでなく
   リラックスした考えで臨めば緊張も少しは和らぐはずです。
 ③ 深呼吸する
   深呼吸するということは何度も何度も登場していますが
   口だけで深呼吸をしていてもダメです。

   しっかりと腹式呼吸で心を落ち着かせましょう。
   腹式呼吸で新鮮な酸素を取り込むことで脳がリラックスします。

「あがり症」の克服方法-2


食べ物によるあがり症の軽減する方法をお伝えしましょう。
脳内に分泌される「セロトニン」の作用によって
あがり症の予防に効果があると言われています。

セロトニンの原料のうち「トリプトファン」という物質が
体内では生成できないので、食品から摂取する必要があります。

<トリプトファンが含まれる食品>
 ・バナナ
 ・卵
 ・豆乳
 ・牛乳
 ・チーズ
 ・アーモンド
 ・肉類
 ・カツオ
 ・マグロの赤身
これらを日常生活の中で食することによって
あがり症の予防になるという事なので、試してみましょう。

「あがり症」の克服方法-3


あがり症を一歩一歩克服するために生活習慣の中で
セルフケアがとても大事なことです。

あなた自身の努力であがり症を克服して
リラックスして職場で働くことができるようになるはずです。

あがり症で手足や声の震える人の前に立つときの治し方と克服法





まとめ


あがり症の症状は看護師さん、お医者さんなど医療従事者の悩み

注射や点滴で手が震える(30代、看護師)
あがり症の看護師さんへ
・そもそも「あがり症」とは
・「あがり症」の克服方法-1
・「あがり症」の克服方法-2
・「あがり症」の克服方法-3

あがり症 看護師のキーワード


・看護師 緊張で手が震える
・看護師 過緊張
・あがり症 薬 βブロッカー
・あがり症 つらい
・あがり症 診断
・あがり症 薬 ランキング
・あがり症 薬 効く
・あがり症 薬 効果


017.JPG